カブトムシ

すいか畑で真っ黒なすいかができていたそうな。

ご主人が「俺は黒いスイカなんか作った覚えないぞ・・・」と近寄ってみると、その黒い原因はスイカにびっしり張り付いた「カブトムシ」だったそうです。



ということでそこの畑では毎日のようにプチトマトがなるように枝にカブトムシがなっているとのこと。







【カブトムシ】と聞くと幼い頃の野生児の血が騒ぎ始めました。

そう、子供の頃は野生児で育ったんです、私



渓谷の川にもりを持って飛び込み魚を突いたり、海で岩をひっくり返してあわびを採ってその場で食べたり。

その頃はあわびがあんなに高いものだなんて思いもしなかったですものね~。

そこらへんで採って簡単に食べられるものだと思ってましたから・・・





山に入ってくわがた&カブトムシの幼虫をとってきて家でふ化させたり、そんな子供時代でした。





もう何十年もそんな生活はしていませんが、「かぶとむし」という言葉が子供時代にフラッシュバックしちゃったみたいです。





気持ちは「かぶとむし、いいな~欲しいな~」まるで子供ですね。





さすがに東京に連れて帰るわけにはいきませんから実家で

「ねぇねぇ、カブトムシくれるって言うんだけど・・・」と言ってみたら父の目がきらりっ

子供以上に野生児の父なのです





「やったぁ~手ごたえあり」と喜んだのも束の間、

甥っ子&姪っ子は「え~~、やだぁ気持ち悪い」と抜かします



末の弟のお嫁さんに至っては「カブトムシあんなものゴキブリと何が違うんですか~」とまで言う始末





ということで私のかぶとちゃんは敢え無く「さようなら~

くぅ~~
スポンサーサイト

蓬莱の豚まん

久しぶりの大阪です。

が。。。。あまりに久しぶりすぎて記憶を頼りに歩いてみても迷子になるばかり





最悪だったのは帰りに「豚まん20個買ってきてね」とちゃっかり母にリクエストされている<お目当ての豚まん>のお店へどうやってもたどり着けなくって焦りまくったこと。





帰りの電車の指定は取ってあるので乗り遅れるわけにもいかず、泣く泣くビラ配りのおにーちゃんに聞いたところ、どうやら筋違いの道をうろうろしていたみたい





電車の時間まであと30分ない!

走ること走ること





あ~っここだぁ とひと安心して無事注文。そして渡された紙袋を見て一瞬なんかいつものと違うなぁ・・・とは思ったものの悩んでいる時間はなく、そのまま車内で食べる用に熱々の豚まんも1個にぎりしめその紙袋を持って駅へまたしてダッシュ





リクエストの20個に加え、明日のお稽古にと更に12個(こっちはミニタイプですが)さすがに重いのなんのって・・・





帰宅して母に「包み変わったの」と突っ込まれ、やはり腑に落ちないのでネットで検索してみたら豚まんの「蓬莱」って2軒あるのね

しかも戎橋の蓬莱はその2軒のすぐ隣同士に並んでるの。

そしてその2軒の蓬莱は全く別なお店だとか・・・

あ~っ紛らわしい





でもね、車内で熱々の豚まんを食べたんだけど私は今日買った「豚まん」の方が好きかも。。。



まぁ1個ずつ食べ比べたわけじゃないので、次回は是非食べ比べてみたいものだわ

妖怪「なまがわき」

長雨で洗濯物がすっきり乾かないのを見た小学6年生の姪っ子のヒット語録





「出た~妖怪なまがわき







なんだか本当に居そうでしょ

じっと~~~りしてて妙にクサイの・・・

オロチョンラーメン

柏のラーメン屋【にかいや】、ここは元パスタ屋さんだったご主人と奥様が二人でやっている小さな可愛いお店です。



ご主人こだわりのちょっと太めの手打ち平麺、これがまた美味しいんです



特筆すべきは【トッピング無料】ということ

薬味のねぎ・とうがらし・野菜多め・にんにく多め・アブラ多め・しょうゆカラメ・オロチョン多め・全部

とお好みの合わせて注文できます。



反対に、にんにく・野菜・アブラなどの「少なめ」「なし」、麺の「やわらかめ」「かため」なども可。





私のお気に入りは「オロチョンラーメンの野菜多め・麺かため」

野菜多めですと、麺と野菜どちらが多いかわからないほどたっぷり載ってるんです。





そしてこの「オロチョン」という激辛唐辛子(肉みそ唐辛子みたいな感じです)を加えるとこれまた絶品



ただ「辛すぎる」ので私はいつも「オロチョン別皿」にしてもらって、味を調整しながらいただいてます。









機会があったら是非召し上がってみてくださいね 美味しいですよ



レコーディングを終えて

20・21日と二日間スタジオにこもりっぱなしでなんとかぎりぎりCD1枚分の録音を終えました。



当然二日間3人とも気が張ってますし、気力もありました。





ところが翌日から3人とも疲れ果てて一挙に廃人と化してしまったようです

土日は体中が痛くて起き上がることもできず、食べることすらままなりません。

木村さんに至っては過労のため「ぎっくり腰」になっちゃったとか・・・





いままで数々のレコーディングを経験していますが、正直言って今回は今までとは比べ物にならないくらいハードなレコーディングでしたね

だからこそ良いCDに仕上がってくれると嬉しいんですけどね~

いやいや、良くなかったら泣いちゃいます





こんな大変な思いをして生みあげた新作CDの発売は秋(晩秋)を予定しています。

皆さんよろしくお願いしま~す

和気藹々とお楽しみ

2日間、無謀ともいえる程ハードなレコーディングを終え今度は衣装に着替えて写真撮影



ポーズだけで本当に弾いていない写真は「しらじらしい」ということで、最初のうちは「プレイアデス舞曲集」をうろ覚え状態で弾いていたのですが・・・





ねぇねぇフェスタル、3人で弾けないかしら~





あはっ、んじゃそこは私がいきますね~





あーらっまぁ~、3人でいけちゃったわね~ うふふっ楽しいわぁ~





とまぁレコーディングの緊張とプレッシャーから解き放たれた3人は誰も観客のいないスタジオで和気藹々と「三つのフェスタルバラード」の即興「箏トリオ響」ヴァージョンに興じたのでした





でも本当に「三つのフェスタルバラード・箏トリオ響版」が日の目を見るのもそう遠くないかも



点天の一口餃子

大阪土産に「点天」の一口餃子をいただきました







かなりしっかりにんにくが効いていますが、とても簡単にカリカリっと焼けてすっごく美味しいの





お気に入りの一品がまた増えちゃいました~

念ずれば通ず

強く心に思っていると本当に叶っちゃうんだなぁ~とつくづく思うこの頃





まさに「念ずれば通ず」

第一生命オープンハウス

今日は第一生命ホールが主催する「オープンハウス」

これは子供たちを招いて行われるホールのイベントです。



本日、ホール開放日  みる、きく、とる、はなす、いろいろ体験してみよう!】

と題されています。





【みる】のは「バックステージツアー」(先着20名)

普段出演関係者しか入ることのないバックステージ(楽屋やステージ裏)まで案内してもらえます。





【さわる】のは「プロの演奏家による楽器体験ワークショップ」

直接演奏者の指導で楽器に触れるチャンスです。





【とる】のは「きみもカメラマン」(先着15名)

プロのカメラマンの指導のもと、演奏中の奏者を間近で撮影します





【きく】のは「コンサートホールで音楽をきいてみよう」

各グループ約30分のコンサートが組まれています





【はなす】のは「アナウンス体験」

ステージ脇にある影アナウンスルームでアナウンス体験ができます。









その中でも「きみもカメラマン」のコーナーで私を撮ってくれた「あ~ちゃん」の写真が実は私、とっても気に入ったのです









かなりな力作だと思いませんか

その時私が演奏していた曲は「雨ざんざん」というかなり激しい曲想の曲で、とても低学年の子供が撮ったとは思えないほど曲想にマッチした力強さを感じる写真です





将来「あ~ちゃん」はカメラマンかしらね

三つのフェスタルバラード

<昨日のつづきです>





・・・と突然降って沸いたような【「三つのフェスタルバラード」はできないかしら】の一言









だとしたらあと一人は・・・













実は約10年前「倉敷音楽祭」で【二十絃箏のソリストたち】というコンサートがあり、その時のメンバーが吉村七重さん、木村玲子さん、宮越圭子さん、そして私・山田明美 という4人。



そしてそのコンサートのラストに4人で弾いたのが【三つのフェスタルバラード】でした







それ以来私は「いつかまたこの4人でフェスタルを弾きたい」と強く願っていたのですが、幾多もの諸事情が複雑に絡み合い、この4人での再演など絶対不可能なんじゃないかと思われたくらい難しい10年だったのです。





ところが・・・・

ついに、ついに、遂に実現できることになったのです





そう、パートもすべてあの時と同じです





ただ、1週間後にはレコーディングしているという驚愕の事実を除けば、私にとってこんな幸せなことはありません

足りないかも?!

秋に発売を予定している「箏トリオ響」のCD

改めて時間を計算してみると・・・・んっ全部で40分ちょっとしかない





ということでレコーディングまでジャスト1週間しかないというのに、無謀にも今から曲を増やすべく頭をひねる私たち







無謀すぎるわ・・・



頑張る気力

久しぶりにコンサートを聞きに行きました。

客席からステージを見ていると、ステージにいる時とは全然違った目線で見聞きしてしまうんですよね







前々から思っていたのですが、立って演奏するのって立奏台の影響なのか、どうも「音」が散ってしまっているように聞こえるのです。



プログラム全6曲中1曲だけ立って演奏だったのですが、せっかくの好演奏なのに「もったいないな」と思ってしまったのです







そして委嘱初演された二十絃の独奏曲

演奏者の立場で聞くと「もう大変こんなの弾かせないで~っ」的要素満載の超難曲であることが瞬時にして見てとれるような曲です。





私だったら練習段階で相当メゲてしまうだろうなぁ・・・・





そう、私には最近メゲてしまっている曲があるのです

けどやはりその曲で本番があるので絶対に弾かなきゃいけない・・・







この超難曲の演奏を見て

「私もメゲてなんていられないわ 頑張らなきゃ

といった力をふつふつと感じさせてもらいました







「頑張る気力」をありがとう



近所迷惑

冬は寒くて弾けない、夏は暑くてやってられない となかなか練習できません

が、さすがにそんな事を言ってられる状況でもなく「やらなきゃ」なりません





でも実はエアコンが大嫌いな私。





ちょっと前までは音漏れ防止の為締め切って「扇風機」のみでできたのに、そろそろそれも限界。。。暑くて集中力がなくなっちゃうのよね





本当は開け放しで練習したいんだけど、ご近所さんから苦情が来てからでは遅いですものね







しかも今練習しなきゃいけない曲はさっぱり訳がわからない上にまともに弾けません

こんなものをガンガン聞かされちゃ「近所迷惑」も甚だしいですよね・・・





あ~~~っ またしてもストレスの塊だわ

ものさし

人は皆それぞれの「ものさし」を持っている

だからこそ「自分のものさし」だけで計っちゃいけないのよね・・・



とっても難しいことだけど

ラベンダー

連れて行っていただいた「香木の森」で咲いていたラベンダー



ふと手にとって顔を近づけてみると・・・・













「うっ













ラベンダーの香りって苦手な「しそ」っぽいのね

広島空港

広島空港といえば3F【お好み広場】の「みっちゃん」が私の定番コースになっています。



前回は大好きな「ねぎ焼きスペシャルそば」にしたので、今回は売り上げNO.1の「スペシャルそば」にしてみました。



が。。。前回同様 搭乗時刻までの時間は余裕なし





前回「機内持ち込み」などという手段を思いつかず必死の思いで食べてとても苦しい思いをしたので、今回は早々にドギーバックをもらい、ゆったり食べることに。





とは言っても6切れのうち、2切れしか食べられず残りはパックへ。





これがまた詰めにくいのなんのって。

う~~ん、最初からお持ち帰り用にしてもらった方が良かったかな





ぎりぎり最後に乗り込み、もちろん残りは機内でいただきます。

二人掛けの窓側の席でしたし隣席のサラリーマンは軟体動物のように眠りこけていましたので気が楽です



でもやっぱり鉄板の上のあつあつを食べるのとは違いますね 

今度こそ余裕を持って食べに行かなきゃ







それとやっぱり好きな「ねぎ焼きスペシャル」にすれば良かったわ・・・

次回からは浮気しないわ

完全隔離

昨日の宿に引き続き、今日も山の中です。

ただ、今日の宿は ゴルフ場の施設 ですので超豪華です





が。。。。





普通ゴルフ場に徒歩で来る人はいないので、車のない私たちはどうすることもできません。

携帯の電波も屋外に出ればかろうじてつながっていますが、室内では「圏外」







食事をしながら

「受付に言ってゴルフ用の電動カートでも借りる



「でも絶対『何にお使いですか』って聞かれるよね。。。まさか下のコンビニまで買い物に行きたい なんて言ったって『おやめください』って言われるのがオチよね





なんて冗談のような本当の会話です。









宿泊者は私達だけのようで夜は早くに玄関も閉められてしまい【完全隔離】&【軟禁状態】なので

「もしかして私たち病原菌扱いかしら」なんて冗談まで出るくらい



私たち、病原菌は持ってないんですけどね・・・



着いたところは・・・

出雲空港から車で延々走ること約3時間。。。

だんだん街灯もなくなり、すごい山道に入っていきます。





あらかじめ手配されていた車の運転手さん

「お客さん、なんで出雲空港からなん広島空港からの方が高速使えば早いのに・・・」



お~~~いっマネージャー このツアーの大変さをわかってないの

(今回は新人のマネージャーさんだったのです・・・







いずれにしてもこんな山の中で泊まれる宿は1軒しかなく、しかも運転手さんいわく「旅館というより普通の民家みたいじゃけん。。。」



それを聞いてそれなりに覚悟はしましたが、案内されたところはそれはもう

野宿させられるよりはマシと思うしかないです







飛行機約2時間、車約3時間の移動ですっかり乗り物疲れ

ゆっくり に浸かって休もう なんて思っていたら



「お客さん、今日はお湯張ってないけん、シャワーでいいじゃろ」





が~~~~~んっっっ、もう絶句

万かつサンド

数日前雑誌を見ていたら羽田空港の空弁【万かつサンド】が紹介されていました。





羽田空港はよく利用するもののお弁当を買ったことがないんです。

そこで今日こそはと勇んで探すのですが空港ロビーではお目当ての【万かつサンド】は見当たりません



「そういえば搭乗待合のいたるところに売っているって書いてあったわ」

と思い出し、早々にX線検査を受けて中へ入りました。

(いつもはぎりぎりまでショッピングを楽しんでるんですけどね)





中に入るとすぐ真正面にど~んとあるじゃありませんか

雑誌には「山積みされていても夕方には売り切れている可能性もある」なんて書かれていたからちょっと不安だったんですよ。





じゃ~んGET 税込630円です。





今日は飛行機を下りてから更に車で3時間移動して山奥へ行きます。

マネージャーさんから「宿に着くのは23時頃でしょうし、現地でお店もありませんから羽田で夕食を調達しておくか、早めに食べておいてください」と言われてたのです。







「空弁」らしく飛行機の中で食べようと思っていたのですが、満席の小さな飛行機で窮屈で空気も篭っていて食べる気になれません。

「初めて」の期待感いっぱいで本当は早く食べてみたかったんですけどね





仕方がないので飛行機を降りてからの車中でいただくことにしました。







薄暗い車中で写真を撮ることができませんでしたが

ボリューム満点、お味もGOOD





まい泉のかつサンドより「ワイルド」な印象でしたね。

(まい泉のかつサンドはデパ地下でたまに買います。それにこちらも空港で売ってました







ただ女性にはちょっとボリュームありすぎかも・・・8割くらいのサイズがあってくれると嬉しいです



それと欲を言えば「まい泉」のように半分ずつパックにしておいてもらえるととっても嬉しいですね

パンは少しの時間でパサついてきますし、その上私は食べるのがとても遅いので半分ずつパックになっていると本当に重宝するんですよ







と言いながらもこれからは空港で「まい泉のかつサンド」にするか「万かつサンド」にするか迷ってしまいそうです。



さすがに両方は食べられませんからね

変ですよね・・・?!

ちょっと前から気になっていながらそのままにしていたこと。



それは自分のホームページに貼り付けてあるこのブログに、私はハンドルネームでコメントを書いている ということ。。。







この「みょんみ」たるが誰であるか一目瞭然の状態で、なぜわざわざハンドルネームを使用しているのか。。。





ということで今日から自分のブログで「みょんみ」はやめますね







ちなみに「みょんみ」というハンドルネームの由来は

私の名前「明美」をそのままハングル読みすると「みょんみ」であることから付けたんですよ
     
プロフィール

山田明美

Author:山田明美
   ・・・・・
公式HPはデータ消滅により更新不能となっていますので演奏会のお知らせ等このブログでアップしています。

★あけび箏乃會
箏(お琴)三絃(三味線)二十絃箏 教室 のご案内

☆東京・桜新町教室(東急田園都市線「桜新町」下車・徒歩7分)

☆大阪・田波楽器店教室(阪神線「九条」下車・徒歩3分)

☆愛知・名古屋教室(桜通線「中村区役所」下車・徒歩6分)

☆徳島・阿南教室(阿南市那賀川町「佐藤様」方)

全教室 完全予約制:1レッスン方式

流派・経験を問わず、丁寧にお教え致します。

レッスン時の楽器は基本的に当方で用意致します。
(こと爪、教本はご購入いただきお稽古時にお持ちください)

※楽器をお持ちでない方にはご自宅での練習用に「楽器貸出制度」もございます。

また尺八その他の楽器の方のための合奏レッスンや、グループレッスン、出張レッスン、無料体験レッスンもございますのでお気軽にお問い合わせください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2017年6月3日ロードショー「花戦さ」のテーマ曲弾いてます!音楽:久石穣





2015年「洋服の青山」初売りCM、多重録音にて1人で演奏しています。





趣味の写真は「デジブック」にアップしています。
↓ こちらは私の作品です。よろしかったらご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム