スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味or娯楽?

友人からのメールに興味深い言葉が書かれていました。







「今日、次長の講話で【趣味を持てと。趣味は娯楽ではないので苦痛を伴うものでなければならない】と。。。」







そうするとさしずめ私の趣味は・・・・

う~~ん、、それじゃあ趣味じゃなくて娯楽だわ



スポンサーサイト

すっぴんCD

第一次編集作業を終了したCDが届きました。

といってもまだまだ「超すっぴん」状態で、これから残響処理等を施して【お化粧】してもらいます





が、「すっぴん」ということは「丸裸」「生音そのもの」であるわけです

客観的に突きつけられる自分の「すっぴん生音」に思わず赤面





それに今回のCDはあくまで編集は最小限にして「ライブ感覚に近い録音」にするという約束のため、細かい編集はいっさい無しなのです







こうして約1ヶ月たって冷静に聞き直すと修正したいところがたくさん

でも録音の時はいっぱいいっぱいだったのよね・・・

古典ってかっこいい!

最近とみに感じる【古典ってかっこいいなぁ~



10代20代のころは大嫌いだった古典がこんなにもかっこよく素敵に感じるのは私が歳をとった証拠でしょうか。。。。





上っ面だけの古典ではなく、根底に根付いた確固たる古典の持つ力に私のハートはめろめろです。





でもこれって箏曲に限ったことじゃなく日本の古典芸能全般に感じることなんですよね~

乾杯!

シャンパンで乾杯です







ジュースのようなシャンパンと違ってこれはしっかり「白ワイン」のおいしい味がします



最近はどこのデパートでも見かけるこのシャンパン。

特別な日やチョットしたお祝いにお勧めですよ

お誕生日に寄せて

今年もあんまり嬉しくない誕生日がやってきちゃいました。

最近は「若けりゃ良いってもんじゃないさ。今が女盛りよ」と開き直ることにしていますが





それにしても朝からたくさんの「お祝いメール&電話」をいただきました。

といっても99%が業者からです・・・





そのお祝いメールの中に面白い書き込みを発見しました。



誕生石は有名ですが「誕生犬」まであるんだそうです。

8月生まれの私の誕生犬は「柴犬」とありました





んっ だから私は娘(柴犬)のチビちゃんとラブラブなのかしら

保護者

8月11~13日は日本音楽集団夏季講習会





その講習会二日目、今日はお弟子さんが単身参加です。

ところが今日の曲は新曲のため私は全く知りません。

知らない上に私自身今日は用があって講習会には行けないのです。

なのに12日担当講師から「かなり弾きにくいのよね~」と聞かされ、あわてて昨夜「頑張るのよ」の激励メールを送る私。





ところが返ってきた返信は「先生、楽譜はバラバラのままで良いですか」

あんっ

まぁ普段の様子からそんなに練習してあると思えなかったけど製本もしてないのぉ

こらこらちゃんと製本くらいして行きなさい





そうこうするうちに午前中の講習が始まり時間がたつに連れて私の不安は増す一方です。

と・・・

「弾けなさ過ぎておなか痛くなってきちゃいましたぁ・・・私、およびじゃないって感じ・・・全然弾けません先生が見たらショックで倒れちゃうかも」なんて悲痛なメールが飛んできます。





もう居ても立ってもいられず、予定変更してなんとか3時頃には講習会場に駆けつけました。

駆けつけたものの講習中は中に割って入るわけにもいかずただただ見守るしかありません。

まるで授業参観に来た親のようです。





昨日は私自身が講師でしたから全体に目を配り、なるべく受講者の皆さんに不公平がないよう配慮していたつもりですが、今日は講師という立場もありませんから私の目には愛弟子しか入りません





「親の心子知らず」ならぬ「師匠の心弟子知らず」でしょうか

<いやいや、私の場合「弟子の心師匠知らず」もありえそうだわね





でも今回本当に貴重な体験をさせてもらいました。

今まで気づくことのなかった師匠としての自分の気持ちに気づかせてもらったり、単身受講に行った弟子から聞く受講生同士の話題など、普段気づかずにいたいろいろなことに開眼させられ、気持ちも新たにしたのでした

マンダリナダックがやってきた

私、実はかなりな「かばん好き」なんです

といっても数たくさん持っているわけじゃないんですけどね~。





買う時には吟味に吟味を重ねて、お気に入りの一品をゲットします。

ですからほとんどの物が長期愛用品です





今回買った物はマンダリナダックの「国内線機内持ち込みサイズのキャリー」

前々からこのサイズのキャリーを欲しいと思いながらも、なかなか「これだわっ」と思える一品に出会えなかったのです。





ところが数ヶ月前お弟子さんからなんとも魅力的な情報が





「マンダリナダック」というブランド名も知りませんでしたが、別にブランドにこだわっているわけではないので、機能が良ければ私にとってはgood なわけです。





いろいろ調べていくとイタリアの有名なブランドで撥水加工のされた超軽量タイプのようです。

機能もなかなか使いやすそうで心はすでに決まっていました。





ところがいざ購入となると、マンダリナダックは日本のデパート業界から撤退してしまっていてなかなか現物にお目にかかれません。

買えないとなると俄然欲しくなるあまのじゃく。





現在の「マンダリナダック」は日本のスーツケース大手「エース」と提携を組んで「イオン」で販売展開をしているとのこと。



でも私の欲しいのはそれじゃなくて元来のマンダリナダック

旧タイプといわれようがなんと言われようが心に決めたら「それ」が欲しいのです





そしてようやくネットで探し当てた一品

しかもセール価格(一般的には売れ残り品ともいう

できれば黒が欲しかったのですが、さすがに黒は売り切れ

まぁ仕方ないですね

ということでワインカラーといいますか「えんじ色」に決定





普段から荷物が多くとても重いかばんを抱えて仕事に出向いていましたが、これでかなり楽になりそうです

専用車両?!

今日はちょっと贅沢に新幹線のグリーン車に乗りました。

といってもお値段は普通車の正規料金よりお安いんですよ。





これは「JR東海ツアーズ」が発売している【ぷらっとこだま】プランなんですが、

私は普段から東京⇔名古屋の往復によく利用しています





その【ぷらっとこだま】が期間限定キャンペーンでプラス1000円でグリーン車に乗ることができるんですよ



今日は夜の上り新幹線だったこともあってか、そのグリーン車は私一人。

そう、まるで専用「御用列車」のようです





座席は当然ゆったりしていますし、他にお客さんもいませんから静かで快適そのものです。

車内販売のおねえさんもとっても静かに通り過ぎて行ってくれます。





いつもいつも「専用車両」というわけにはいかないでしょうけど、この1000円はクセになりそうです

よもぎモチ

ドンクのパンを買いに行ったらレジ横でふと目についた「よもぎモチ」

ふふっなんか美味しそうじゃん





ということで早速買ってみました

100g158円(だいたい5~6個です)





一口サイズでネーミンズそのもののもちもちしたよもぎ入りの生地。ちょっと甘めだけどとっても美味しいの これまたクセになりそうだわ

デスノート

高校生の甥っ子が「これ面白いよ」と貸してくれた【デスノート】

コミック漫画なんて何十年ぶりかというくらい超お久しぶりです。





ところが読み始めたら面白いのなんのって・・・

まだ2巻までしか読んでませんが早く続きが読みたくてうずうずしてます





これって【ダヴィンチ・コード】を読んだ時のような感覚だわ

夏合宿

毎年恒例となった恐怖の夏合宿

たしか去年も書いたと思うのですが、何が恐怖かって参加者のパワーが半端じゃないんです





今年はいつものように朝から会場を確保することができなく、やむなく午後からの開始になりましたが、それでも皆さん13時から20時まで途中小休憩をとっただけで弾きっぱなしです。

そしてその後夕食をとって今度は深夜(朝?)4時までしゃべりっぱなし・・・

それから仮眠をとって朝7時起床。身支度を整え朝食をとって9時から16時までまた合奏練習です。





何がそこまで彼女たちを駆り立てるのでしょうかねぇ。。。。





彼女たち、毎回私のすべてを根こそぎ吸い取っていってくれちゃいます。

それはそれで嬉しい限りなのですが、吸い取られて干からびた私は【ゾンビ】に成り果てるんですよ





【ゾンビ】が人に復活するのに要する時間は約3日・・・







どんより・・・

私、すっかりどんより落ち込んでます





それは先日レコーディングした「三つのフェスタルバラード」で完璧な音間違いをして弾いていたことに気づいちゃったからなんです





もちろん当日思うように弾けなくて不本意なまま納得した部分や、細かい音ミスよりも全体の流れ&勢いがある方を選択したり といったことで多少のミスタッチ等はあるのですが。。。。





そもそもの音間違いの原因は私が自作のパート譜で弾いていたこと。

そう、自分の写譜ミスによるものなんです





それにしても「え~~ん皆さんフェスタルの20絃Ⅲをお弾きになっている方ばかりなのに、誰も間違いを指摘してくれなかったよぉぉぉぉぉぉ」と今更ながら泣いております。





CD発売前に全部買い占めて封印しちゃいたい心境です・・・

あぶり鱧(はも)

夏の京都といえば「鱧(はも)」ですね



ということで今日は京都へ小旅行となってしまい、夜は遊郭を模した洒落たお店「夷川燕楽」さんで宴会です。



セッティングしてくれたのが京都出身の方だけあってこのお店美味しくてこじゃれてるんですよ。

こういうお店を一軒知っていると良いなぁ~と思えるお店です。

そしてそんなにお高くないのが嬉しい限りです。

道に明るくないおのぼりさんにはチョットわかりづらい位置にありますが。。。



そこのお店で初めて「あぶり鱧」なるものをいただきました。





さっとあぶっただけのレアです。

これって新鮮な鱧じゃなきゃダメですよね~。



湯引きした一般的な鱧と比べると(って比べちゃいけませんね・・・)

全然違います。ほんとびっくり





さすがに追加注文をした時にはすでに品切れになってました。

やっぱり美味しいものは皆さんよくご存知なんですね・・・

リッツカールトン

「リッツカールトン」に行ってきました。





相当昔、パリのリッツカールトンの前で記念写真だけ撮ったことがありますが、

あまりの格式の高さに「およびじゃない」って感じ





が、今回はおよびじゃなかろうが有無を言わせずタクシーで乗りつけ、そのまま案内されるがままに「バー」へ。



しかも案内されたところは「バー」の更に奥にある「別室」(VIPルーム





きゃ~~~っ 素敵





いか焼き

「これは美味しいよ」と聞くと食べずにはいられない性分の私。

今回は阪急百貨店の【いか焼き】いかにも大阪のB級グルメって感じですね。





この【いか焼き】は、小麦粉の生地にイカのゲソを入れ、プレスして焼いたもの と書いてあります。

種類は【いか焼き】【デラバン】【和風デラ】の3種類







これは最もポピュラーな【いか焼き】1枚126円





こちらはたまごの入っている【デラバン】1枚178円

外側にはみ出している黄色いたまごの部分がなんともいえません





そしてたまごとねぎの入ったお醤油味の【和風デラ】1枚189円





初体験者としてはどれかを選ぶなんてことは考える余地もなく、まずは王道からということで【いか焼き】→【デラバン】→【和風デラ】の順で、結局3種類とも1枚ずつ平らげました。

さすがに苦しいですが





お好み焼きと違って油を使ってないのと、この手軽なお値段が嬉しいですね





ちょっと小腹がすいた時に立ち寄ってその場であつあつにかぶりつく

そんな食べ方が似合う大阪の名物です



このもっちり感といいみょ~にクセになりそうな・・・
     
プロフィール

山田明美

Author:山田明美
   ・・・・・
公式HPはデータ消滅により更新不能となっていますので演奏会のお知らせ等このブログでアップしています。

★あけび箏乃會
箏(お琴)三絃(三味線)二十絃箏 教室 のご案内

☆東京・桜新町教室(東急田園都市線「桜新町」下車・徒歩7分)

☆大阪・田波楽器店教室(阪神線「九条」下車・徒歩3分)

☆愛知・名古屋教室(桜通線「中村区役所」下車・徒歩6分)

☆徳島・阿南教室(阿南市那賀川町「佐藤様」方)

全教室 完全予約制:1レッスン方式

流派・経験を問わず、丁寧にお教え致します。

レッスン時の楽器は基本的に当方で用意致します。
(こと爪、教本はご購入いただきお稽古時にお持ちください)

※楽器をお持ちでない方にはご自宅での練習用に「楽器貸出制度」もございます。

また尺八その他の楽器の方のための合奏レッスンや、グループレッスン、出張レッスン、無料体験レッスンもございますのでお気軽にお問い合わせください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2017年6月3日ロードショー「花戦さ」のテーマ曲弾いてます!音楽:久石穣





2015年「洋服の青山」初売りCM、多重録音にて1人で演奏しています。





趣味の写真は「デジブック」にアップしています。
↓ こちらは私の作品です。よろしかったらご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。