オールキャスト

私は二十絃の本番での演奏は柾の楽器しか使わないのですが、ふと見ると持っている柾の二十絃箏が珍しく一同に勢揃いしています





こんな光景は滅多に目にしないので写真に撮ってみました





柾の二十絃箏が四面も並ぶとかなり圧倒されます

でも「顔=木目」が見えないのでみんな「のっぺらぼう」みたいですね



どの楽器もすべて音色や持ち味が違います





左から2番目の楽器が一番の実働部隊 楽に演奏させてくれるのでついこの楽器に手が延びてしまうのです よって圧倒的な舞台経験者です





そのお隣、右から2番目は手に負えないじゃじゃ馬・・・ 最高に良い子なんですけど見事に蹴散らされます (譚詩集のCDジャケットはこれです)





そして一番右が初舞台未経験の新人 まだガチガチに固く柔軟性がありません将来は実働部隊入り【期待の新人】なんですけど今はまだ無理ですね





最後に一番左は日頃から私を下支えしてくれている優しい楽器です









以上私の二十絃箏オールキャストのご紹介でした~~
スポンサーサイト

仕立上がってきました

来年1月26日の演奏会に着る予定の着物が仕立上がってきました





実際にはまだ袖を通していませんが、

この着物にはあの帯を合わせて、帯締めはあれにして~

と空想の世界でコーディネートを楽しんでいます





実際に合わせてみたら違う方が良いってこともよくあるんですけどね

頭だけ風邪ひきました?

昨夜 お風呂を出てすぐに 電話が鳴り、そのまま約30分程話し、その後ドライヤーできちんと乾かさないまま寝入ってしまいました



一瞬「頭が寒いな・・・濡れた髪が首に当たって冷たいな・・・

と思ったのですが睡魔には勝てず・・・







そして朝起きたら頭がガンガン痛いのです

見事に頭だけ風邪ひきました









【教訓】

頭冷やしちゃいけません

坦々麺

帰宅途中、突然食べたくなった「申家」の坦々麺



こんな時間にこんな高カロリーの物を食べちゃいけないのに・・・・

でもこれがたまんなく美味しいのよね~

トゲ付きのムチ?

いよいよ・・・・という感じが強くなってきました

なにせ月1回しかお稽古できませんから、本番までカウントダウン状態なのです



今日は尺八の添川さんにお越しいただいての練習で、自然と熱が入ります





結果は、うまくいった曲、こりゃマズイ・・・って感じの曲、さまざま



予定では、今日の合奏練習でほぼバッチリ っていうところまで仕上げておきたかったのですがね







焦りの色が濃くなった曲のメンバーに

「来月はびしっといくわよ」と言ったところ

「先生、来月は【トゲ付きのムチ】にグレードアップでしょうか

ですって





そうよ トゲ付きだろうが何だろうが容赦なくガンガンいくわよ~~

一夜明けて

かぐや姫さまは無事昇天なさいましたが、



俗世に残された「抜け殻」は精根尽き果て、まさに「ゾンビ」そのものです。





定期演奏会 当日

昨日までの舞台リハーサルでは自分の曲以外のリハーサルを聞く余裕もなかったので、今日のGPは最初から聞こうと早めにホール入りしました。





中でも「ヘチとかいぶつ」のオーバーチュアとして用意された「南道アリラン」が何とも言えずズシンッと心に響きます。



「南道アリラン」といえば私にとってはオーケストラアジアのサウンドそのもの





それを日本の楽器だけで果たしてあの「泥臭さ」あの「ニオイ」をかもし出すことが出来るのかしら・・・・と思っていたのですがなんのなんの







オーケストラアジア創団当時、三国(日中韓)の民族音楽のニュアンスが掴みきれずメンバー全員が悶絶し、苦労しながらも会得したその「感覚」。



今、目の前では日本の楽器だけで奏でられているにもかかわらず、まるで三国揃い踏みのようで思わず客席でうるうるしてしまいました





出来上がったものの上に載っかっているだけのサウンドではなく、芯から会得したものの「力強さ」&「底力」を身にしみて実感した瞬間でもありました



こちらは「ヘチとかいぶつ」のGP中です





そして「竹取物語 ~龍女の玉~」

GP中に私の糸が切れるなどのハプニングもありましたが、なんとか無事終了



でもリハーサルで糸が切れると「本番でも切れたらどうしよう・・・・」って不安になりますね

今日のために新糸に張り替えたので「どうして切れるのよ~」でしたし









それにしても演奏会当日以外に2日間も舞台リハーサルをやらせてもらえるなんて、本当に恵まれた環境だな~とつくづく幸せを感じ、「日本音楽集団」という住み慣れた団体を改めて見つめ直したとても有意義な定期演奏会でした



アンジーの法則

 目が覚めたら、全身がこわばって超ド緊張しています



竹取の姫(二十絃箏)なんてもう何回もやっているのに。。。。。

「定期演奏会」っていうだけでこんなにも緊張するものなんでしょうか

しかも今日はまだ舞台リハで本番じゃないっていうのに







何気なくテレビをつけたらNHKで「天海祐希」さんの対談が流れていました。

天海祐希さん、大好きな女優さんです



私が初めて宝塚の舞台を見た時、群舞の中にどうしても目を引く人が一人・・・・・

それがまだ名もない頃の新人・天海祐希さんでした





そして今日天海祐希さんがおっしゃっていた一言、本当に励みになりました



「アンジーの法則」



アンジー=暗示 だそうです。たしかに確かに

これは大変だ~って思うと本当にずど~~~んと大変になってしまうので・・・って







私もいつも本番前の舞台袖でどうしようもなく怖い時は

「大丈夫、あれだけ練習したんだから」と自己暗示をかけているのですが、

まさしく「アンジーの法則」ですね

(ウソだと思うでしょうけど、無茶苦茶緊張するんですよ、私・・・・





明日の本番は「アンジーの法則」で頑張らなきゃ

かぐや姫は宇宙人

定期演奏会の舞台リハーサル

私の載り盤「竹取物語」のリハーサル開始前の一言・・・





「明美ちゃん、かぐや姫はね宇宙人なんだよ だってそうでしょ~。宇宙に帰っちゃうんだよ~





ううぅっ・・・・・・たしかにそうね





おかげで私の頭の中では「十二単を着たかぐや姫」のはずが「たこのような宇宙人」が出てきてしまい、「御所車に乗って月の宮へ帰って行く」はずが「UFOに乗って飛び去って行って」しまいます・・・・









あ~~~~ん あなたは何てことを私に耳打ちするのですか~~~



糸擦れ?

とんでもなく転調だらけのトリオの曲・・・・

明日の合奏練習に向けてひたすら練習していたら、箏人生で初めてこんなものを作ってしまいました



わかりますか



左手親指の付け根、そう、転調する時ここが糸にすれるのですが、あまりの激しい転調の量に「靴擦れ」と同じような「糸擦れ」ができてしまったのです



小さいんですけど、これが痛いのなんのって・・・・

大丸東京

先日オープンしたての「大丸」へ行ってきました

これがオープニング限定袋





そして大好きな「都路里」を発見

大丸限定メニューの茶々パフェと白玉パフェです



(注:決して一人でパフェ2つ食べたわけではありませんよ・・・・

祖父の命日に思うこと

今日は祖父の命日で、今年は三十三回忌にあたります。



祖父は私が小学校1年生の時に亡くなってしまったのですが、私が初孫だったこともあり、また唯一の女の子でしたのでとても可愛がってくれました

またそんな祖父が私は大好きでしたしね

(ちなみに祖母はまだ健在です





今まで気にしたことなんてほとんどないのに、今年は何故か祖父のことが思い出されて仕方ないのです。

気が付けば掃除をしながら、またはお風呂で湯船に浸かりながら、よく祖父と話しをしています

ま、端から見れば単なる独り言なんですけどね (・・・私、怪しい





ず~~~っと心に秘めていることや、悩んで迷っていることなどを聞いてもらって、無意識の後押しをしてもらっているような感覚になったり・・・・







そして今日、運命の巡り合わせとでも言うのでしょうか。

半年前、ふと心によぎりながらも諦めてしまったことが突然現実化したのです



それが祖父の命日である「今日」であることに、とても大きな何かを感じずにはいられません







おじいちゃん、私、頑張るからね

懐かしい人達に会えました!

いつもお世話になっている「日本青少年文化センター」さんからご招待いただきましたので、創団当時かかわっていました「オーケストラアジア」の公演に美保ちゃんを誘って行ってきました



非常に懐かしい思いと、今現在のオーケストラアジアってどんな感じなのかしら~ と興味津々で出かけた私たち





会場入口でいただいたプログラムに目を通していますと、韓国チームに懐かしい名前がチラホラ





彼らに会いたさ一心で、終演後二人で韓国チームの楽屋まで押しかけちゃいました

う~~ん、こんなことならちゃんと韓国語勉強し直して来るんだった~



片言の韓国語しか出てきませんでしたが、10数年ぶりに会う彼らはみんな私たちのこと覚えていてくれました

あ~~っと気付いて駆け寄ってくれる人も





ほんと嬉しかったですね~





懐かしついでに、ちょっと当時の写真を・・・・・ (於:1996年12月北京)



(おわかりの方はおわかりでしょうが。。。。着物の女性が美保ちゃんと私)



右側の3人が今回の公演にいました~

ここには写ってないけど打楽器のソン・チーウンssiとカヤグムのムンさんもいました





そして今回いなかった左側の二人・・・・・

実はこの二人こそがプライベートでも交流のある大の仲良し



彼らに会えなかったのは残念だけど、来年こそは彼らに会いにソウルへ遊びに行くわよ~と密かに誓ったのでした

ラッシュ時の悲劇

今日のスタジオ仕事は、行きも帰りもラッシュ時にひっかかる、私としては最悪な時間帯でした







今日も収録直前に楽譜が配られ、ささ~~~っと調絃を考え糸譜をふって、

テスト録音→本録  と一発OK



なので実際現場での所要時間は、楽器セットから録音・片付けまで30分もかからないんですけどね。。。







今日の演歌はどなたの歌なのか聞くのを忘れてしまいましたが、お箏のソロ&目立つ部分がすごく多くて、私としてはまさに「ヒット祈願」です













さて、今日のスタジオアップは18時半となりました

キングレコードのスタジオから家へ帰るには「永田町」を経由します



この時間は・・・・そう・・・・泣きたくなるくらいの帰宅ラッシュ真っ只中







そんな中、お箏かついで 電車に乗り込めば周りからチョ~迷惑な目で見られますし、なによりお箏に押し付けられ押し潰されて痛いのなんのって・・・









やっぱり 車が無いとキビシイなぁ

演歌レコーディングにて

一口坂スタジオで山本智子さん(コロムビアレコード)の新曲のレコーディングです



今日もまた一斉録音の為、特殊楽器はオーケストラから離れたブースに入れられ・・・

そしてすべての指令はヘッドフォンとテレビモニタを通して行われます。





今日は初めてセルフタイマーで自分を撮ってみました



私って結構コワイ顔して弾いてるんですね





「山田明美ってコワイんでしょ

という声が聞こえるのも何となくわかるような写真です



本当はコワくなんかないのに・・・・・













いや。。。やっぱりコワイのかな・・・

紅木って本当に紅いのね

注文しておいたお弟子さんの二十絃箏が出来上がってきました

「弾いてみてください」と言われ、軽く弾いてみますととっても澄んだ美しい音がします

しかも「巾」の音の透明感には私、完全ノックアウト状態でした





それにしても「紅木」って字の如く最初は本当に紅いんですよね~

いつの間にか真っ黒になっちゃっているのですっかり忘れていましたが・・・





私の年季の入った二十絃箏と比べると一目瞭然です・・・・

新しいって気持ちよくて良いですね~

     
プロフィール

山田明美

Author:山田明美
   ・・・・・
公式HPはデータ消滅により更新不能となっていますので演奏会のお知らせ等このブログでアップしています。

★あけび箏乃會
箏(お琴)三絃(三味線)二十絃箏 教室 のご案内

☆東京・桜新町教室(東急田園都市線「桜新町」下車・徒歩7分)

☆大阪・田波楽器店教室(阪神線「九条」下車・徒歩3分)

☆愛知・名古屋教室(桜通線「中村区役所」下車・徒歩6分)

☆徳島・阿南教室(阿南市那賀川町「佐藤様」方)

全教室 完全予約制:1レッスン方式

流派・経験を問わず、丁寧にお教え致します。

レッスン時の楽器は基本的に当方で用意致します。
(こと爪、教本はご購入いただきお稽古時にお持ちください)

※楽器をお持ちでない方にはご自宅での練習用に「楽器貸出制度」もございます。

また尺八その他の楽器の方のための合奏レッスンや、グループレッスン、出張レッスン、無料体験レッスンもございますのでお気軽にお問い合わせください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2017年6月3日ロードショー「花戦さ」のテーマ曲弾いてます!音楽:久石穣





2015年「洋服の青山」初売りCM、多重録音にて1人で演奏しています。





趣味の写真は「デジブック」にアップしています。
↓ こちらは私の作品です。よろしかったらご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム