給食を食べてきました

・・・・ってただ単に給食を食べに行って来たわけじゃないんですけどね

(そんなことわかってる って突っ込まないで~~っ





栄養士の先生が私たちの為に給食をよそってくださいました



今日のメニューは野菜サラダ・煮込みカレーうどん・ケーキ・牛乳







今日は久しぶりに小学校の体育館で7人編成(笛・尺八・三味線・琵琶・箏・17絃・打楽器)の学校公演だったんです



10数年ほど前まで毎週のようにあった7人編成の学校公演ツアーでいつもご一緒させていただいていた琵琶の田原さんやお三味線の太田さん(現・杵家さん)を始め、笛は竹井さん、17絃には宮越さん という、超豪華メンバーでの学校公演です



そして今年のカナダ公演ですっかり打ち解けた尺八の元永さんに打楽器は多田ちゃん

このメンバーで演奏が楽しくないはずがありませんっ





いや~、ほんと楽しかったーーーーーっ







久し振りに体育館の舞台袖で田原さんの「那須の与一」を聞いていますと、当時のいろんな思い出がいっぱい浮かんできて、しみじみと「私はなんて幸せな経験をたくさんさせてもらってきたんだろう。。。」と感慨深く・・・・





そう、あの頃は学校公演のツアーに行くことは「ごく普通のこと」であって「特別なこと」という感じは全く抱いていなかったのですが、こうして時間がたって振り返ってみますと、ツアーの現場で様々なことを勉強&経験させていただいたことによって今の私があることを強く実感します。







思い出に耽るなんて・・・私も年をとった証拠

でもほんと、懐かしさと感謝の気持ちでいっぱい満ち溢れた一日でした













PR お箏(琴)を弾いてみませんか  by 山田明美
スポンサーサイト

現実逃避

トリオの練習となると必ず起きる「どん底感」

どんなに練習しても練習しても下手っぴぃな自分が情けなくなります



練習の録音を聞くと、ただ単に私が焦って自滅しているのがわかるのですが・・・





そう、焦らずに弾けば良いんだよ(影の声:簡単なことじゃんっ



焦らないで弾くためにはひたすら練習あるのみよっ(影の声:当然のことじゃんっ







そんなことは百も承知の上で、やはり現実逃避







どうしても買い物に行かなくてはならなかったので、ついでに と自分に言い訳していつものガーデニングショップへ



いつも読ませていただいているキヨミさんのブログで知って以来、今年の秋には絶対ペニーミッキーを買うぞ と決めていたもので・・・・・



本当はもっといっぱい買いたかったのですが、今日は二株だけにしました





やっぱり癒されます~~っ







さぁ~~~~~ってと、頑張って練習するぞっっっ

【箏トリオ響】名古屋公演のお知らせ

早くももう来週に迫ってしまいました



【箏トリオ響】が名古屋で初めて公演します





10月29日(木) 開演18時30分(開場18時)

入場料 前売券3000円 当日券3500円 (全席自由)

宗次ホール(地下鉄「栄」駅12番出口より徒歩5分)



~プログラム~

●小舟にて ドビュッシー作曲

●芽生え 三木稔作曲

●箏双重 三木稔作曲

●文様Ⅰ・Ⅱ 三木稔作曲

●「プレイアデス舞曲集」より 吉松隆作曲

●箏三重奏曲 長沢勝俊作曲

●子供の領分 ドビュッシー作曲



演奏:箏トリオ響(木村玲子・山田明美・宮越圭子)





とまぁ、かなり欲張った(お得な)プログラムになっております。

(欲張りすぎて時間内に終われるのか、、、、ちょっと不安な私





お陰さまでチケットの残りもあとわずか

ひょっとすると当日券は出ない可能性もあります





なかなか聴くチャンスのない濃い内容になっておりますので、

みなさま是非お越しくださいませ~っ



皆様のご来場をお待ち申し上げております







チケットのご予約はお早目に直接:山田明美まで、どうぞよろしくお願い致します。











PR お箏(琴)を弾いてみませんか  by 山田明美

演奏会を聴きに行ってきました

このコンサートを知ったときから本当に楽しみにしていたんです



何がって、私が尊敬してやまない木村玲子さんの「コンチェルト・レクイエム」と「松の協奏曲」が聴けるんですものっ





当然、玲子さまの演奏は簡単に言葉では書き表わせないほど素晴らしく、この方と一緒に「箏トリオ響」をできることに本当に幸せを感じました

(実は玲子さまが音楽集団にいらっしゃった頃から、私のマドンナなんです



「コンチェルト・レクイエム」なんて、エンディングでは客席でボロボロ泣きながら聞いていましたしっ

ホント、名作ですし名演奏です







客席からステージを見るといろんなことに気づいたり、感じたりします。

それを我が身に置き換えて・・・・・頑張らなきゃねっ







でも・・・・どうしても一つだけ見ていて気になって仕方なかったこと

それは衣装やアクセサリー等、キラキラ光る物



もちろん普通にステージ衣装としては全然良いんですよ





でも「コンチェルト・レクイエム」の時だけはバックで演奏する女性陣のキラキラ物は控えて欲しかったなぁ~~

なんといっても<レクイエム=鎮魂歌>なんだし、この曲の精神性を考えるとチョットね・・・



と思ってしまいました

(あくまでこれは私の勝手な主観です。気を悪くされた方がいらっしゃいましたらごめんなさい)









また、会場では若い頃にお世話になった砂崎先生にもお会いし、少しの時間でしたがお話もさせていただけて二重の幸せ感に浸った一夜でした





先生とちょっとお話できただけでこんなにも嬉しいっ

私もお弟子さんたちからこんな風に思われる存在でありたいものです











PR お箏(琴)を弾いてみませんか  by 山田明美



発売になりましたね

遂に発売になりましたね





ちょっと前から気になっていた「Hajime」が大阪で唯一の三ツ星を獲得







でもこの本によってお客さんが殺到しそうですよね







気になっていながらも、まだ行けてないお店だったので、来店のタイミングを失いそうです









いつになったら行けるのかしら。。。。。。

本当に飛ぶの???

南京空港を朝8:10発の飛行機で帰国です



ところが日本は台風直撃

なのに普通にチェックインして、普通に治外法権域に





え・・・・・っ ほんとに飛んじゃうの 大丈夫





なんて思ってると、、、、、やはり飛びませんでした







それどころか、係員に聞いても「何もわからない」と言うばかりです。

しばらくするとお弁当まで配られちゃいました





普通なら既に機内食を食べているような時間ですが、未だに搭乗口で待機させられているわけですからね とりあえず熱々の朝がゆに少しホッ



何と言っても温かい食事は安堵感がありますね

(でもチャイニーズじゃないもの食べたいよぉ







それから3時間ほどして成田空港の閉鎖が解除されたようで、飛行機もようやく離陸



まだ突風の吹く成田では着陸寸前、風にあおられてあわや墜落かっ というような怖い思いもしましたがなんとか無事に帰国できました





恐ろしいほどの疲労感に苛まされていましたが、明日から名古屋&大阪へ行かなくてはなりません

「もう寝たいよ~」と悲鳴をあげる身体に鞭打って、中国荷物の片づけ、そしてお洗濯&明日からの荷造りです





人間、気力でなんとかやれるもんですね~~っ

あと一週間頑張ればちょっとだけ気分的にゆったりできる日があります





さぁ頑張るぞ~~~~っ

コンサート当日

南京のホテルから車で2時間ほどかけて演奏会場である揚州に来ました

会場では既にリハーサルが始まっていて、全11曲中私は8番目であることが判明





今日はプログラム順にリハーサルしていますので、待ち時間の間に中国と韓国の楽器の写真を撮ってきました



兄弟楽器でありながら、似ているようで全然違います



とにかくびっくりしたのがこれ 中国のお箏ですがすごい改良の仕方です

連弾用ですか と聞いたら、一人で演奏するんだそうです。



通常中国のお箏「古箏」は右手4本にお爪をはめて演奏しますが、この人たちは両手8本の指にお爪をはめて、まるでピアノのように演奏するんですよっ





そしてこちらは韓国のカヤグム こちらも改良楽器で25絃でした

でも演奏方法は昔ながらの指だけで、お爪は使用しません





本番の写真は撮れないかも。。。。と思ったので、リハーサル写真を撮っていただきました







今日も2回だけでしたが、昨日の練習では私が想定していたテンポとオケのテンポ感が異なり私自身がパニックって弾けなくなってしまったところも今日は覚悟して臨んだので、不安ながらも納得できるリハーサルができました





そして開演2時間前、ホテルの宴会場でこんな式典に連れて来られていました



絶対日本じゃあり得ないことです



私は8番目ということで、開演後少なくとも1時間半以上ありますから少しは落ち着いていられましたが、これが早い出番だったら絶対に無理です





そして本番中、舞台袖から撮っていただきました





終演後また約2時間かけてホテルへ戻りましたが、既に夜中の12時半です

しかも明日は朝5時半にチェックアウトして空港へ向かわなければなりません



これからお片付けして荷造りして。。。ってやっていると寝る時間なんてあるのかしら







当然「足裏マッサージ」なんて夢のまた夢と消え去りました

ほとんど一日中ホテルで待機(泣)

今日のメインはオーケストラとの練習



今回のプログラムは箏奏者全員がオーケストラとのコンチェルトなんです。

日本と韓国から1人ずつ、そして中国から7人、9曲ものコンチェルト



当然これらを1日のリハーサルで全曲やるとなると。。。。。。。すごいことになってしまいました







当初の予定では私は朝9:15に出発して2番目のリハーサルだったんです。

それが・・・・・・曲順が変わってしまい・・・・・・・連絡しますからホテルの部屋で待機していてください とのこと。



10時になっても11時になっても連絡がなく、12時になってようやく部屋の電話が鳴り、「今から出演関係者の皆さんと昼食です」  ゴハンかいっ



お昼はやはりホテルの個室で豪華なコース料理



朝昼晩中華ばかりで(当然ですが)さすがに飽きてきていたのですが、このボイルしただけの「上海蟹」は美味しかったですね~~





4人の中国の演奏者(トップ4と呼ばれる方たちだそうです)から



「中国では松(松の協奏曲)は学生も弾きますから、学生たちもみんな本場の松はどんな風に弾くのかとても楽しみにしています」

などと言われて青くなる私





韓国では「ソナム(松の木)」として有名なのは知っていましたが、中国でも「松」として「松の協奏曲」はとても有名なんですね

本家の日本じゃほんの一部の人しか知らないのに。。。。。。





その後も更に待たされ・・・・・ホテルの部屋から見える観光名所「夫子廟(フーズビョウ)」に行くことさえ叶わず、仕方なく部屋の窓から写真だけ撮ってきました





ようやくリハーサル会場へと移動になりましたが、そこでも更に2時間近く待たされ・・・・・



2回さらさら~っと流しただけで「ハイ、おしまい」



オケの人たちも初見らしく、テンポ等探りながら流してみました って感じでしたし、

「えぇ~~っ、テンポが合わなくて全然弾けなかった所もあるので、もう一回お願いします」 とお願いしても

「明日も本番前に練習しますし、まだあと5人残ってるから」と却下



仕方なく泣く泣くホテルの部屋で個人練習をすることに・・・・・。







さすがにホテルの夕食(ビュッフェ)も3日目ともなると飽きてきたのでキャンセルして、部屋で非常食として日本から持って行った「チキンラーメン」を食べたのですが、なんと美味しかったこと





そして夜、ホテルのマッサージルームで80分ほどオイルマッサージを受けて、グデグデのドロドロになって床に着きました



これがまた日本じゃ考えられない程の超激安



用意していただいているホテルは5つ星の最高ランクのホテルだったのですが、2000円くらいなんですよ

(ホテルでなければ更に半額以下というのが相場らしいです







明日の本番が終わった後にもう一度、今度は「足裏マッサージ」を受けてみたいんだけど、たぶん時間的に無理だろうなぁ・・・・・・

半日観光

2日目の午前中は南京の市内観光に連れて行っていただきました



中国は建国60周年の祝日とお中日が重なって1週間お休み(中国版G.W)なんだそうで、どこへ行ってもすごい人、人、人。。。。



渋滞も激しいとのことでホテルを8時出発



正直「ひぇぇぇ~、もうちょっと朝ゆっくりしていたいよぉ・・・・」とも思ったのですが、こんな機会はそんなにあるもんじゃないのでしっかりenjoyさせていただくことに





まずは中国革命者・孫文の陵墓「中山陵









続いて玄奘三蔵の頂骨を安置していた霊谷寺霊谷塔







そして総統府



どこもかしこも、とにかくものすごい人で、特にこの総統府では「人しか見れなかった・・・」印象





この後は大急ぎでホテルに戻り、ご一緒させていただくオーケストラの指揮者他関係者の方々と打ち合わせを兼ねた昼食会、そして午後は指揮者との個別リハーサル





と、とても長い一日でした。。。。

行ってきま~す

初めて単身で海外公演に向かった時とは比べ物にならないくらい、すべてにおいて慣れている自分にちょっと驚いています







なんせこの大きな荷物(二十絃箏)ですからね~







車を持たない箏奏者としましては、成田空港への運搬からしてパニックったもんです









おもちゃのようなペインティングの飛行機、しかもめっちゃ小さい・・・

大丈夫かぁ~~~~っ





ということで、初めて聞く「中国東方航空」で南京へ行ってきま~す





【機内食】



すみません、お箸をくださいな お箸がないならせめてフォークでも

これを「先割れスプーン」で食べるのは至難の業でした・・・

初体験

とてつもなく苦労した定期演奏会の「某・新曲」の【打ち上げ】と称してトルコ料理を食べに行ってきました。





私、トルコ料理は初体験です。

メイン料理よりなにより前菜のペーストがいたく気に入った私





「辛い生野菜のペースト」と、一番のお気に入り「ほうれん草のペースト」

これを







「エキメッキ」と呼ばれるトルコの手作りパンに添えていただきます。

ホント、大満足でしたっ











(例によって写真を撮り忘れたので、伺った「パムッカレ」さんのHPから写真拝借してきました













PR お箏(琴)を弾いてみませんか  by 山田明美

     
プロフィール

山田明美

Author:山田明美
   ・・・・・
公式HPはデータ消滅により更新不能となっていますので演奏会のお知らせ等このブログでアップしています。

★あけび箏乃會
箏(お琴)三絃(三味線)二十絃箏 教室 のご案内

☆東京・桜新町教室(東急田園都市線「桜新町」下車・徒歩7分)

☆大阪・田波楽器店教室(阪神線「九条」下車・徒歩3分)

☆愛知・名古屋教室(桜通線「中村区役所」下車・徒歩6分)

☆徳島・阿南教室(阿南市那賀川町「佐藤様」方)

全教室 完全予約制:1レッスン方式

流派・経験を問わず、丁寧にお教え致します。

レッスン時の楽器は基本的に当方で用意致します。
(こと爪、教本はご購入いただきお稽古時にお持ちください)

※楽器をお持ちでない方にはご自宅での練習用に「楽器貸出制度」もございます。

また尺八その他の楽器の方のための合奏レッスンや、グループレッスン、出張レッスン、無料体験レッスンもございますのでお気軽にお問い合わせください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2017年6月3日ロードショー「花戦さ」のテーマ曲弾いてます!音楽:久石穣





2015年「洋服の青山」初売りCM、多重録音にて1人で演奏しています。





趣味の写真は「デジブック」にアップしています。
↓ こちらは私の作品です。よろしかったらご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム